スポンサーサイト

  • 2016.03.31 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


安佐南区花いっぱい運動第132回スタッフ会議

               平成25年 (2013年) 12月19日 
                  安佐南区役所3階 第6会議室
 区政車座談議で出た課題への対応 
1.これからのスタッフ会議の在り方
   あり方検討(案) 区役所からの提案 
 仝従と課題 
  スタッフ会議は、10年間継続しているが位置づけが明確になっ
   ていない。 
◆…拘計画がないため、場当たり的な対応をせざるを得ない状況に
   なっていた。
  2.対応策
  ‥佻寝崔纏臆端圓琉娶を反映できる組織を形成するとともに、登
   録する目的と意義を明確にする。それを具現化するために、各地 
  区単位で支部を形成する。
 ◆^尊監邏茲両妥鎮篭茵祇園地区、安古市地区に支部を設ける。
   各地区から代表( )名選出
   各地区の代表者が委員長 or 副委員長
  スタッフ会議として、花いっぱい運動を活性化するための意見を
   集約し、区役所に助言する体制を構築する。(事業計画、配布基
   準等)
  3.具体的な進め方
  仝什澆離好織奪娉餤弔離瓮鵐弌爾中心になり、各地区で支部を形
   成し、代表者及び代表を選出する。
  【設立総会】(公民館、区役所等を使用・・・区役所から申請する
   ・ 日程を決め、区役所から登録花壇代表者に設立総会の案内を 
    郵送する。
   ・ ( )月( )日までに各地区の代表者各( )名を区役所に報告する。
 ◆ヽ特篭菎緝修砲茲蝓▲好織奪娉餤弔魴狙し、各地区代表者の中か 
  ら委員長と副委員長を選出する。
  【設立総会】 
  ・ あらかじめ日程を決めておく。
   ・ 会則の制定 
  ・ 委員長及び副委員長の選出 
  ・ 事業計画の検討
  4.スタッフ会議の役割
  _屬い辰僂け親阿鮨篆覆垢襪燭瓩侶弉茵
  ・ 種の配布計画基準(種まき用土、培養土、肥料等含む) 
  ・ 研修会の開催計画(予算の範囲で効果的・効率的な開催) 
  ・ PR(広報)計画
 ◆ヽ特篭茲任両霾鷆νと意見集約
 

5年前の花いっぱい運動スタッフ会議

 安佐南区花いっぱい運動・第73回スタッフ会議

安佐南区花いっばい運動の今後の活動について(案)

                     平成20年12月18日
                      安佐南区区政振興課
1. 情報発信
 現在、把握しきれていない花いっぱい運動のボランティア
花壇の場所を確認して、台帳を整備し、団体間の交流がで
きるように活動状況を紹介する。

取組 、実施主体、実施時期
 .椒薀鵐謄ア花壇活動団体及び花壇の場所の確認(主
  体・区、時期・H21年2 月まで)
◆.椒薀鵐謄ア花壇活動団体の台帳の作成(主体・区、時
  期・H21年3月まで)
  平成21年度から活動団体に年1回程度、活動報告の提
    出を依頼
 区役所のホームページを刷新し、適宜更新(主体・区、
  時期・H21年3月まで)
ぁヽ萋庵賃里粒萋鮎況をホームページなどで紹介(主体・
  区、時期・H21年4月から)
ァヽ萋庵賃隆屬慮鯲が出来るようにスタッフ会議やホーム
  ページで適宜情報提供を行う(主体・区、時期・H21年4
  月から)
Α.曄璽爛據璽犬筝民館だよりを使ったPRの実施(主体・
  区、時期・H21年4月から)
  スタッフやボランティア団体の募集

2. ボランティア花壇活動団体への支援
  活動団体が、花づくりを継続していくために、花苗の確保
  や花づくり技術の普及を支援策として行う

  取組、実施主体、実施時期
 .椒薀鵐謄ア花壇を実際に訪問(各団体年1回)して、活
  動状況や困っていることを聞き、支援策を検討(主体・区・
  スタッフ、時期H21年4月から)
◆_屬鼎り講習会の実施(主体・区・スタッフ、時期・H21年
  4月から)
  植物園協会の「緑化指導者派遣事業」の講師を派遣して
  もらい、講習会を実施(年4回程度)
  活動団体の要請により、区民スタッフ等が現地で講習を
  行う
 花苗の提供(主体・区・スタッフ、時期H21年4月から)
 顱_嵒弔慮魎慌颪粒催
   花いっぱい運動への協力者から提供された花苗をホー
   ムページ等で情報提供し、スタッフ会議等で交換、配布
   する(随時)
 髻_嵒弔鮗錣ら育てて、活動団体へ(団体ごと年1回)配
   布することを検討
   花苗を育てる場所を借り上げて、活動団体の協力を得
   ながら、花苗を種から育てることで、花苗を安く調達する
   とともに、花苗の育て方の講習も兼ねる
   花苗は、年2回の講習会・交流会において、個人ではな
   く団体ごとに配布する
 鵝_屬領た得度(平成17年度あさみなみ区民大学のま  
   ちづくり提案)の検討
   ボランティア(苗の里親)を募集し、種、肥料、説明書な
   どを提供し、種から花苗を育てて提供してもらう
ぁ々崕会・交流会の企画の再検討(主体・区・スタッフ、時
   期・H21年4月まで)
   年2回の講習会・交流会が活動団体にとって有意義な
   ものとなるよう、内容を再点検する。情報交換会の進め
   方、時間の長さ等
ァ_屬鼎りに対する資金援助制度に関する情報の収集と
   提供(主体・区・スタッフ、時期・H21年4月から)

3. 花いっぱい運動スタッフ会議の充実
  スタッフ会議が内容に乏しく、マンネリ化しているため、活
  動団体の活動継続のための方策を話合ったり、会議の内
  容を充実させる
  
  スタッフが模範花壇を作り維持するなど























                                     

安佐南区の花いっぱい運動スタッフ会議その後

何年経っても相変わらずでマンネリ化現象は
具体的に改善策がまとまらないんです。
課題が多過ぎて短時間(2時間程度)で結論ま
で進むことは出来ず、かと言って次回に繰り越
して検討するでもなく、なんとなく立ち消えが続
いております。
対策として継続審議にするのか廃案にするの
か明確にすることでしょうね。あいまいが一番
困るんです。

 議事録(要旨)を作り、会議の終わりに、話合
ったことを参加者全員で確認し、内容を花いっ
ぱい運動花壇グループに通知し、スタッフ会議
に関心を持ってもらうことでしょうね。
合わせてスタッフ会議への参加を積極的に依
頼(お誘いの案内)をすることです。

スタッフ会議の議案づくりも行政だけで行うの
でなく、花づくりスタッフと協働して行うようにし
てほしいですね。
当たり前のことだと思うのですが、それが出来
ていないところに問題がありそうです。

花づくりスタッフも行政も今の仕事で手いっぱ
いで余計に事はしたくないといった消極的姿勢
がマンネリ化の原因になってるように感じます。
これでは何を決めても盛り上がりに欠けると思
います。
もっと積極的に取り組む環境づくりが必要のよ
うです。

 

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM